参議院選挙を終えて~自分の身は、自分で守り、何とか生き抜いてください

今回の参議院再選挙において、御支援していただいた方々に、この場を借りまして、改めて感謝申し上げます。

今回の再選挙は、私にとりまして、皆様方のご家庭の子供さん、お孫さんの30年後を考えた時に、彼女、彼らを含むすべての人類にとって、ぎりぎりのタイミングであるとの認識のもとに立候補させていただきました。
一方で、自然による人類の淘汰、言い換えれば、ヒトという種が存在するに値するかを自然から試されているとブログで述べましたが、そのためのリトマス試験紙とも考えておりました。

私自身、ヒトという種で生まれた以上、ヒトという種に愛着はあり、皆様方のお子さん、お孫さん含めた人類の生存を、心から願ってはおりますが、おそらく、街頭演説で何度も述べさせていただいたように、私自身が、ヒトという種の結末を見ることができるという確信を強く持つことができました。

私自身にとって、その覚悟を持つための場とさせていただいたことに、改めて感謝申し上げます。

今回の街頭演説中に、声をかけていただいた方々、お母さんと娘さん、IT起業家の方、弁護士先生、御同業のお医者さん、ご婦人、そしてむすびのむさし弁当を差し入れてくれた方、レインコートを差し入れてくださった方、多くの皆様方の御支援のおかげで無事、選挙戦を終えることができました。
本当にありがとうございました。

最後になりますが、ブログで、街頭演説で、そして、公報、マスコミの取材の中で、何度も述べさせていただいたように、間違いなく、真の民主主義というブレーキのない現代社会は、これから急転直下、人類絶滅の方向へ、ジェットコースターのように突き進んで行きます。

過去の自然災害、今回のコロナ感染の比ではなく、その規模、スピードにおいて、想像もつかない私たち人類にとっては、災い、ヒト以外の種、言い換えれば、自然界全体にとっては、救いとなる人類の共食いも含めた様々な事象が、際限なく、連鎖的に発生します。

ヒトという種が絶滅するまで

今回のコロナ感染が、示唆していますが、生物は、最終的には、自分自身の命は、己で、守り抜くしかないのです。

私自身が早く生まれすぎたのか、遅すぎたのか、単なるおバカなのか、おバカであることを願っていますが、残念ながらそうではないでしょう。

歴史は繰り返すという言葉、如何にヒトという種は、愚かであるかということ、しかし、そのことは、裏返せば、人類が、ヒトという自然界での生物の一種にすぎないという証左なのかもしれません。
かつてフロイトが語った、理性とは幻想にすぎない。確固たる自我などあり得ないといった言葉が、私の心に染み渡る。

皆様方におかれましては、原理的には不可能なのですが、同じヒトという種として、無事に生き抜いてくださることを切に願って、御礼に代えさせていただきます。

本当にありがとうございました。

2021年4月26日 文責 玉田憲勲

2 thoughts on “参議院選挙を終えて~自分の身は、自分で守り、何とか生き抜いてください

  1. 大変お世話になっております。
    そして、お疲れ様でした。心より玉田先生の行動力に敬服する次第です。
    人という生物が暮らす社会での矛盾を、本当に真正面から指摘されていると、
    尊敬致しております。これからのご活躍を祈念いたします。
    最後に、人はそれ程バカでは無かった、と先生と話せる時を期待して、稚拙なコメントを終わらせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です