無知な総理大臣、国会議員をもった無知な国家、日本

2年前の12月に、私が特定秘密保護法案の国会議決無効、法律の執行停止を求めて訴訟を提起し、昨年の8月にこのブログを立ち上げましたが、その後、昨年の12月に衆議院の解散、違憲状態のまま総選挙を行い、今年になって、安保関連の問題、つい最近では報道機関に対する国会議員の発言が大きな問題となっています。

 

裁判を提起し、控訴、上告をして、またブログを書いてゆく中で、思うこと。

 

私自身、我が国の在り方、世界の中で、私たちが今、何をすべきなのか、限られた地球時間の中で、何かをしなければならないと思い、今もこうやってブログも書き続けているのですが、最近つくづく思うことは、前のブログで道徳について書いたが、道徳以前に、多くの政治家、官僚が無知であることだ。

 

このことは、政治家、官僚にとどまらず、大企業の役員含めて、増え続けている。

 

私自身、仕事上、製薬メーカーと接することが多いいが、以前にも取り上げた製薬メーカーなどもそのいい例だ。以前、私自身、製薬メーカーの勉強会に呼ばれ、お話をしたことをブログで書いたことがあったが、企業の規模、収益と、その企業の社会的存在価値とは別問題だ。

現代社会で多くの利益を上げている企業、個人こそずる賢く利益を上げている例が多いいと思うし、社会的には存在価値、レベルが低い企業が多いいと思う。

 

先の例にあげた製薬メーカーも、海外での多額の和解金による解決や、誇大広告での行政処分が今年になってなされたが、今の政府と同じで、圧力をかけたのであろう、あまり大きな報道にはなっていない。

2年前、支店の勉強会で少しは、理解してもらえればとあえて苦言を呈したが、その時も思ったがそういう社会的存在としての企業の在り方、思想を根本的にもっていないくだらない社会的レベルの低い企業だけに、社員に対する企業教育もまったくできていなかったので、いい目をもっていた若い社員もあっという間にその目も混濁、汚れてしまう。

 

ただ、あの当時に患者、そして、一生懸命、現場で頑張る医療スタッフへの思いを少しでも持てたなら、もう少し早い段階でもっと違う形での解決がなされたのだと思う。

 

そのメーカーについて言えば、今回の和解の報道などをみていても、まったく自分たち企業が社会的にどうあるべきなのか、未だにもってまったく理解できていない。本当に救いようのない企業だと思う。間違いなく、今後も同じことを繰り返し、遠くない将来、企業としての終焉を迎えると思う。先見の明がないということはこういうことを言う典型的な企業だ。

 

今の政治、経済を見ても思うのだが、その企業にしても何故、先が読めないのか。2年前、違った企業行動を起こしていればこういう結果は防げたのは間違いない。

 

その原因はたった一つだ。経営者が無知であり、その結果としてその社員も無知であることだ。

おそらくきちんと事実を認識して適切な行動をとろうとした良識ある社員もいたであろうがそういった社員は左遷されるか、解雇されるか、自主退職に追いやられているんだと思う。

当然残った社員は、社会的にはレベルの低い無知な社員だけになってしまう。そんな中で企業が変われるわけはない。

 

同じことが今の日本の政治、経済で起こっており、世界中で起こっているのです。

 

総理大臣、国会議員、世間では、優秀とされる官僚の人達、無知な人が増え続けている。実は、当初、私自身、彼らがここまで無知とは思わなかった。通常、国家の代表者として選ばれる人であるから、一応、それなりの見識があると、善意に解釈していたのだが、見事というしかない無知な人の集まりでしかなかった。

 

ところで、私が無知と言っているのは、どういう人たちなのか説明がいると思う。

 

私が言う無知な人間とは、知識がない人のことを言っているのではない。読んでいる人もわかられると思うが、私が先ほどから無知と言っている人々は決して知識がないわけではない、知識の量から言えば逆だ、金銭的も恵まれ、そういった意味では何の苦労もなく育ち、いわゆるある意味では一見、利口な人が多い。

 

そんな知識をもった利口な人たちが何故無知な人間になってしまうのかということだが、目的がないからだ、手段としての目的は持っている。ただ、もっと大きな、手段としての企業、国家を超えた目標がないのです。目的がないのです。

 

山で遭難した時、人は北極星を基準に考える。いわゆる、核心、言い換えれば、道徳感が彼らにはないのです。核心、道徳感を持ちさえすれば、一年先、数年先、将来が勝手に簡単に見えてくるのです。

彼ら自身、誰もが、一度経験すればわかることなのです。私自身が経験者なのだから、間違いがないことなのです。

 

今、国会でなされている安保法案についても馬鹿らしくてブログに書く気にもならなかったが、安全保障とは何なのか、イスラム国含めたテロに対してどう向き合うべきなのか、ギリシャ問題含めて、世界で生き詰まっている資本主義経済を今後どうしてゆくべきなのか、地球環境をどう考えてゆくのか、一見、それぞれが一つ一つ違った問題に見えて難しいように思えますが、答えはそんなに複雑ではないのです。実は単純な問題なのです。

 

私が裁判を通じて、ブログを通じて問い続けていることは、彼らが、自分たちが無知であることに気づき、私たち国民にとって、世界中の人間にとって、地球上のすべての生物にとって、社会的存在価値のある、道徳的な人間であってほしい、そのことだけなのです。

私自身そうであるけれど、人間とは所詮、無知な生き物である。

 

ただ、無知であることを認識できるのもまた人間なのだから

 

2015年6月28日  文責  世界のたま sign

 

 

 

 

 

 

 

無知な総理大臣、国会議員をもった無知な国家、日本」への2件のフィードバック

  1. 貴方の考えは優れています。でもそんな無知な人間たちの多数で、自然破壊も、みんな道連れになるのでしよう。そこの考えをお知らせください。この社会は一度滅びます。人生は短く、一度しかありません。人間も自然の法則通り淘汰されるのでしょう。歴史は塗り替えられるのでしょう。有難う御座います。

    1. 感想有難うございます。あなたがおっしゃるように、このまま行けば、人間はヒトという種として、いくつかの生物としての種と共になくなってしまうと思います。これを、自然破壊、滅亡、淘汰と言えばそうなのかもしれません。地球そのものもいずれは間違いなく宇宙において輪廻転生の流れの中で、無に帰してしまうのでしょう。そんな何で私は思うのですが、宇宙とは何なのか?デカルト以降の近代科学の中で、人は科学的な思考の中で、地球や宇宙を思考し、現代の科学者が考える宇宙空間の中の地球をそれが真実であると考えています。しかしそれはたぶん違うのではないかと私は思うのです。人は現代科学という思考の中におそらく自分自身を封じ込めてしまってしまい、その中での思考しかできなくなくなっているのだと思う。無限の想像力を失ってしまっているのだと思う。
       私は本来の、地球、宇宙空間含めて、おそらく個体を構成する個の中に存在するのではないかと思うのです。時間軸で言えばおそらく今の一瞬の中に、いわゆる一般的に考えられている時間のすべてが存在しているのではないかと思うのです。
       まあ、バカげていると思われるかもしれませんが、私には、人が生きるということは、道徳的に生きるとは個の中に、今の一瞬の中に全体をみることだと思うのです。そこに真実があるのだと思うのです。そういう生き方をしたいと思っているのです。
        文責 世界のたま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です